スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月光蝶

月光蝶

「あの高さはどれ程でしょう」と貴方は言っていた
幼いころ お月さまの下でキラキラの満ち欠け辿って遊んだ

遣らずの片時雨
紫陽花と琥珀色した月は汀で踊る
それぞれを讃えながら

一つ棘に触れるたび 消えていく
ひとつもこぼさぬよう
てのひらですくってためた月はなくなっていた


さよなら 白面に照らされた
指先にとまる 番の蝶
キラキラと光る雪は
貴方のような気がして
息が出来なくなった

指に 絡む蜘蛛の糸
私 私の 顔が無い

のぼっていく 消えていく しゃぼん玉
壊さぬように
大切に大切にしていたのに

私はここにいるよ ねぇ 神様
湖面の波紋にのり ゆれながら

綺麗に飾った蝶はガラス玉
いつからだろう
何も無い私
蝶が飛べたのは
いつもいつも 貴方がいてくれたから

さよなら 物言わぬ者たちよ
きっとずっとそうなのでしょう
キラキラと光る月は ああ 雪色の蝶に溶け 涙になった
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://minibunny.blog72.fc2.com/tb.php/121-48d30ce0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

ABOUT

Bunny

Author:Bunny
Location 台灣, Taiwan

音ゲー歌詞置き場ヾ(*´∀`*)ノ゛

►menu説明
Lyrics:全歌詞リンク

カテゴリー

最近の記事

最近の回應

月別アーカイブ

web拍手

リンク

全記事数

全タイトルを表示

最近のトラックバック

カウンター


現在的閲覧人数:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。