スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虧兎に告ぐ

遠雷が平仄
(ざんばらに詠む)
六花に焚く
氷雨の香
日輪未だ見えず

四つ這いで
雄弁は
千草

傘(虧月に似た それは 二世の隙)をさす

が!

半身舐める 青雌
風巻に舌のせて

霹靂様
「そら 九点九地
 斎く客星がやうに

 操裂き!
 水屑出し!!
 十戒叫き!!!

 と、と、と!飛ぶのさ!」

紅鏡の尾は
まだか

まだか!

端花(溶岩にて玉兎宿る)は
涅槃し
曼茶羅に弓を張る
黒む甚雨は
香炙り
ざんばらに腰をふる

欠け細る霹靂は地角蹴り
天涯を臨む!

「それでも 傘を回し 待つのさ
片身を 委ねてさ」
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://minibunny.blog72.fc2.com/tb.php/141-ecb02772

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

ブログ内検索

ABOUT

Bunny

Author:Bunny
Location 台灣, Taiwan

音ゲー歌詞置き場ヾ(*´∀`*)ノ゛

►menu説明
Lyrics:全歌詞リンク

カテゴリー

最近の記事

最近の回應

月別アーカイブ

web拍手

リンク

全記事数

全タイトルを表示

最近のトラックバック

カウンター


現在的閲覧人数:

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。